高齢ドライバー向け・サポカー体験教室開催しました。(11/12更新)

※開催は終了しました。体験教室開催の様子はこちらから

「サポカー」ってご存知ですか?

最近、クルマのCMでよく見られる、自動ブレーキやペダル踏み間違い時の加速抑制装置等を搭載した車(安全運転をサポートする車)を・・・略して「サポカー」と言います。

サポカーを体験してみませんか?(参加無料)

開催日時:2018年10月14日(日) 午後1時~午後4時(雨天決行)

開催場所:川越自動車学校

お申込先:TEL 059-364-4188 ※開催は終了しました

参加ご希望の方は、事前の申込が必要となります。
今回は、参加定員を100名とさせていただきます。
受付期限:平成30年9月29日(土)まで(注:定員になり次第締め切りとさせていただきます。)
申込方法:お電話にて、お申込みください。
団体(グループ)でのお申し込みの場合は、参加人数をお知らせいただければ代表者様のお申込みのみで結構です。お一人様でのお申込みももちろん可能です。

協力自動車メーカー(トヨタ・日産・ダイハツ・スズキ)変更の場合有

【自動ブレーキ機能(対歩行者)】
歩行者の飛び出しや危険を検知して衝突回避や被害を軽減

【ペダル踏み間違い時加速抑制装置】
AT車のペダル踏み間違いによる急発進を防ぐ

【車線逸脱警報(車線維持支援装置も可)】
うっかり車線をはみ出しそうになった時に警告してくれる(車線逸脱警報)
車線内走行維持のためにハンドル操作までサポートしてくれる(車線維持支援装置)

【先進ライト】
周囲の状況を判断して、ライトを自動で切り替えする機能(夜間時でも安全に走行しやすいようアシストしてくれる)
ただし、これらはあくまで運転を支援する機能なので、
ドライバーが必ず責任を持って状況を把握し、安全運転するように心がける必要があります。

当日、電動シニアカー(てくてっくん)も展示、試乗もできます。是非、この機会に体験してみてください。


高齢ドライバーによるサポカー体験教室開催

当校では、各自動車メーカーと協賛して高齢ドライバーを対象にした『高齢ドライバーによるサポカー体験教室』を10月14日(日)午後1時から午後4時までの間、校内を開放して開催しました。

政府は高齢運転者の交通事故防止対策の一環として、自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車(安全運転サポート車)に「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の愛称をつけ、また自動ブレーキを搭載した車「セーフティ・サポートカー(サポカー)」とともに、官民連携で啓発活動に取り組んでいます。

この教室は、地域の交通安全センターとしての役割を担う当校(川越自動車学校)が、各自動車メーカー及び隣接する自治体に声をかけ、高齢ドライバーによる交通事故の未然防止を目的に開催を計画しました。

当校の場内コースを開放し、安全を確保した上で各メーカーの色々なサポカーを体験試乗することができました。

開催に当たっては、隣接する自治団体と連携し、地元の川越町は元より、当校に隣接する朝日町、四日市市、桑名市の社会福祉協議会にチラシを配布して参加を依頼、また、桑名地区交通安全協会、老人会等、高齢ドライバーの参加を求め、さらに地元四日市北警察署との連携を図り、四日市北地区交通安全協会に対しても協力を依頼し実現しました。

なお、会場には自動車メーカーとは別に「電動シニアカー」の体験コーナーも設営し、自動車以外の電動カーでのセーフティー機能を体験することができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です